人間ドックの特徴と料金について

人間ドックは、健康な人が受診する事で隠れた病巣の早期発見に役立てる事が出来ると言います。
サラリーマンの人々は、会社で毎年一度の割合で健康診断を受診して、健康状態の把握を行えるようになっていますが、健康診断だけでは十分な検査とならないケースも有ります。
また、健康診断を受診した結果、再検査となった場合は、健康診断では検査が出来ない詳しい検査を行う事で病気の有無を特定したり、今後の健康維持への可能性を作ることが出来るわけです。

人間ドック

人間ドックと言うのは、健康な人が受診をする、自覚症状を持たない人が受診をすることで小さなガンや隠れたガンの早期発見や、その他の病気の早期発見に役立てる事が出来ると同時に、受診をすることで今後発生する可能性が在る病気への対策が出来るなどのメリットも有ります。

最近は、1年に一度の割合で受診をする人も増えているのですが、人間ドックは保険適応外となるため、検査費用というものは自己負担をしなければなりません。
また、色々なコースが用意されており、3〜5時間ほどで検査が完了するコース、1日かけてしっかりと隅々まで調べて貰えるコース、そして1泊2日と言うコースなどが有ります。

1泊2日のコースと言うと、病院のベッドで寝泊まりをして、病院内に缶詰めになって色々な検査を受けると言ったイメージを持つ人も多いのですが、最近は、病院のベッドではなく、普通のホテルなどに宿泊をし、2日間かけて色々な検査を行えるコースを用意している検査施設や病院が増えています。
特に、検査施設と言うのは専門的な検査を行える施設であり、入院などの設備が有りませんので、ホテルなどを利用して寝泊まりをし、受診をする形になるのが一般的です。

尚、1泊2日のコースなどの場合は、宿泊費用と検査費用と言う形になりますので、料金についても高額になります。

初日の朝に病院に行って、幾つかの検査を夕方近くまで受けて、その日は宿泊先でもあるホテルに泊まります。
翌日は、朝から幾つかの検査を受けて、午後には完了となるのが1泊2日のコースの特徴となりますが、1泊2日のコースだからと言って身体の隅々まで調べて貰えると言う事ではありません。

人間の身体の中を隅々まで調べようとしたら、数日間が必要であり、人間ドックの検査と言うのは基本的には、最も重要とされる検査を行うのが特徴なのです。

また、気になる部分が在る場合などではオプション検査を組み合わせる事でより精密な検査を受ける事が出来るようになっているのが特徴です。
半日もしくは1日のコースを選んで、気になる部分を徹底的に調べて貰えるオプション検査を利用する人も増えています。

例えば、PET検査や胃カメラ、大腸カメラと言った検査などがコースに含まれていない場合など、基本となるコースを受診して、PET検査を受けたり、大腸内部や胃の内部などを内視鏡を利用して検査を行う事で隠れたガンやごく小さなガンまでも発見が可能になると言います。
その中でもPET検査は小さなガンの発見に役立てる事が出来ると言われているのです。

しかしながら、PET検査と言うのは専用の検査機器が必要なことからも、全ての病院で受診が出来るわけではありませんので、人間ドックを受診する場合など、PET検査を希望される人は検査が可能な病院や検査施設を選ぶ事が大切です。

尚、料金については病院毎に様々ですので、幾つかの病院を比較して料金を調べておくのが大切です。
また、最近は自治体などが補助金を出してくれるエリアも有りますし、病院によっては前の年に受診をしている場合などは、料金が安くなるサービスを行っている所もあると言いますし、料金についても情報を収集しておくと便利です。
Copyright (c) 2014 人間ドックの特徴と料金について All rights reserved.

メニュー